×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

巻き爪解消ネイルケア

巻き爪を解消する為のネイルケア

巻き爪はどうして起きるんでしょうか。
⇒ 初心者さんでも簡単取付!その一歩もう怖がらないで!自分でできる本格的巻き爪矯正キット巻き爪矯正

 

あなたの日常の生活は、指先に過剰な負担をかけていませんか?
そんな巻き爪に苦しんでいる人に、痛みを解消する技術、補装具をご紹介します。

 

巻き爪治療は矯正補装具で巻き爪矯正

 

工業用バネの技術を医療用に応用した「巻き爪矯正技術のポイント」

今日ではいくつかの巻き爪矯正具があります。
しかし、これらとの違いが何点かありますので、そのポイントをご紹介します。

ホームケアの常識が変わる巻き爪矯正技術

従来品には、万人向けしか作られておらず、多種多様な爪の形にあっていませんでした。
巻き爪ブロックでは、9種類の矯正強度を選ぶことで、どんな巻き爪にも対応できます。

食い込み防止と痛みの緩和

公的機関で確かな矯正力を確信しています。
巻き爪ブロックを装着すると、直ぐに矯正力が働きますので、即効性があります。
その後も、常にこの力が作用し続けることで、無理なく徐々に爪の形を整えていきます。

刃物などを使わない矯正技術

バネを適切に加工することで、皮膚への負担を極力小さくすることが出来ているようです。
金属アレルギーの心配や肌への食い込みや爪への挿し込みなど、傷を付けにくい構造です。

医師などのプロの技術をあなた自身で実践出来る簡便さ

本来は医師が行うような技術だったようですが、補装具を工夫した事で取り扱いが簡単になりました。

耐久もあり、見た目も安心

4ヶ月間程度にわたり連続して装着しても大丈夫だという耐久性があります。
工業用ばねを活用した大きな利点です。

 

また、サンダルなどを履いても気にならないほど、目だりにくいカバーを採用しています。
さらに、粘着力も1〜2回の入浴では接着面は剥がれません。
また、爪が呼吸できるように、加工が施されています。

巻き爪の原因

つま先への負担が大きいと、巻き爪の原因にもなります。

靴の大きさが合わない

靴の大きさが合わないのは、小さすぎても大きすぎても足には好ましくありません。
しかし、残念ながら、女性に多いようですが、少しでも足を小さく見せようという心理があり、小さめの靴を探す人が多いようです。

 

また、ヒールが高すぎる靴も、指への負担が大きくなってしまい、本来の足の機能を十分に果たすことが出来ない靴になってしまいます。

 

こうした靴は、足に合わない靴ということになります。

爪の管理に注意

巻き爪ブロック巻き爪ブロック

爪の管理も重要なポイントです。
大抵の方は適正に爪の長さを注意していると思います。

 

しかし中には、ネイルをするために長めに伸ばしたり、潔癖症のような人の中には、逆に爪を伸ばさないように深爪をしている人もいます。

 

どちらも過ぎたるは及ばざるがごとしで、好ましくありません。伸ばし過ぎず、短すぎず管理しましょう。

爪の切り方

巻き爪は、圧倒的に親指が多いようですが、その切り方のコツも理解しておきたいものです。

 

大抵の人は指のカーブに沿って爪を切っていらっしゃると思います。
それで巻き爪にならない人には、問題ないと思います。
しかし、これまでに深爪や爪の伸ばし過ぎで、巻き爪に何度かなったことがあるという人は工夫が必要です。

 

よく指摘されているのは、指の形に添って爪の頭の部分も曲面に切りますが、できればストレートにした方がいいといいます。
そして、両端は靴下やストッキングにひっかけないように丸く切り落とします。

 

ちょっと意外という方もあるかもしれませんが、このほうが爪と指の負担が小さいとして、進められています。

 

これでも指の形に添って爪を切ってきて、問題ない人か婚限りではありませんが。。。。

 

巻き爪治療方法はこちら巻き爪ブロック